×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」モニター全員が勝った 加藤正一 評判 評価TOP > FXでストキャスティクスとは?

FXでストキャスティクスとは?

 
ストキャスティクス(STC)は、ジョージ・レーン氏によって考案された

オシレーター系(株価の振れ幅をみる)のテクニカル指標です。



ストキャスティクスの動きは、RSIの仲間で

「上にあればあるほど買われすぎの状態」

「下にあればあるほど売られすぎの状態」

を教えてくれる指標です。



「ストキャスティクス%K」と「ストキャスティクス%D」の

2本の線を使ったものがファースト・ストキャスティクス、

%DとSDの2本を使ったものがスロー・ストキャスティクスです。



人気が高いのが「スローストキャスティクス」です。



ファースト・ストキャスティクスでは

何度も2本の線が交わるため、

ダマシにあいやすいのです。



スローストキャスティクスのほうは、

2本の線が交わる回数が少なく、

売買ポイントが当たる確率も高いので、

信頼性が高い指標だと考えられているのです。



ただし、テクニカル指標には「ダマシが一つもない」

というものは、存在しません。



スローストキャスティクスも、信頼性は高いですが

「絶対安心」とまでは、断言できません。



できるだけ多くの種類の指標を考慮に入れ、

売り時、買い時の判断を行いましょう。

FXでロウソク足とは?

ろうそく足とは「ろうそくの形に足がついたような形」をしたチャートです。ローソク足は4つの値段(4本値)をもとに作成されます。始値 売買開始時の値。寄付(よりつき...

FXでキャリートレードとは?

キャリートレードとは金利の低い通貨で資金調達して、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ手法をいいます。特に円で資金調達をおこなう場合を ...