×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」モニター全員が勝った 加藤正一 評判 評価TOP > FXでMACDとは?

FXでMACDとは?

 
MACDとは、(Moving Average Convergence Divergence)の略で

よく「マックディー」と呼ばれたりしますが

日本語では移動平均収束拡散法とよばれています。



その名前の通り、 MACDは移動平均線の仲間で、

指数平滑移動平均を使います。



トレンド系とオシレーター系の両方の性質を

兼ね備えた指標で、ジェラルド・アペル氏が考案したものです。



MACDの特徴としては、普通の移動平均線とは違い、

直近のレートの変動やレート値に重点を置いて、

計算をしているため「最近の動き」に敏感に反応する

という特徴があります。



上昇トレンドであればMACDは上昇、

下降トレンドの場合はMACDの値も下落します。



MACDは「12日の指数平滑移動平均線と

26日指数平滑移動平均線の線を引いた差」

を線にしたものです。



この「12日、26日」という数値は、



一般的に使われている期間ですが、変更できます。



また、もう一つのラインとして「シグナル」を表示します。



シグナルは、MACD線の9日間の平均線になります。



MACDの数値は、中央を0として上下にプラスマイナスで表示され、

2本の線が交わった部分を売買ポイントとして使うことが多いです。



・ MACDが、マイナス圏でゴールデンクロスしたら買い

 値が0よりも下のときに、MACDがシグナルを上に突き抜けたら買いです。


・ MACDが、プラス圏でデッドクロスしたら売り

 値が0よりも上のときに、MACDがシグナルを下に突き抜けたら売りです。



こう見ると非常に便利そうなMACDですが、もちろん弱点もあります。



あとのMACDの算出方法を見ればわかるのですが、

MACDは極わずかながら、サインの出るタイミング遅いということです。



「少し遅いくらいどうってことない」と思うかもしれませんが、

たとえば値動きが同じ範囲で行ったり来たりするボックス相場では

「だまし」である確率が上がるのです。。



MACDは、初めて見たときには「難しい」と感じられるかもしれません。



わからない場合には、無理に投資判断に使う必要はありません。



他の指標に関しても「自分にとって、わかりやすいものから、

投資判断に役立てる」という方法で、徐々に慣れて行くと良いでしょう。


FXで移動平均線とは?

移動平均線とは、文字通り平均値を表します。ある期間の終値を平均した移動平均の線を結んだものです。ろうそく足や移動平均線などは、トレンド系指標に分類されます。...

FXでボリンジャーバンドとは?

FXで使われるテクニカル指標の一つにボリンジャーバンド(Bollinger Bands)があります。ボリンジャーバンドとは、統計学をもとにして標準偏差を超え...