×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」モニター全員が勝った 加藤正一 評判 評価TOP > FXでRSIとは?

FXでRSIとは?

 
RSI(Relative Strength Index)は「相対力指数」とも呼ばれ、

アメリカの J.W.ワイルダー・ジュニア氏によって

考案されたテクニカル分析指標です。



RSIの指標は「オシレーター系指標」と呼ばれます。



RSIは、0〜100%で表示され、

0%に近いほど売られすぎの状態を、

100%に近いほど買われすぎの状態を示します。



目安としては、30%を切ったら「売られすぎ」、

つまり買いサイン。



逆に、70%を超えたら「買われすぎ」、

つまり売りサインといわれています。



判断基準(何%にするか)は人それぞれですが、

20〜30%を下回ったら売られすぎで、

逆に70〜80%を上回ったら買いすぎ

と一般的に判断します。



RSIのようなオシレーター系指標

(相場が反転するかどうかを見る指標)は、

たとえば上昇トレンドが続いている場合には、

買われすぎのサインが出続ける、など、

うまく機能しないケースもあります。



そのため、RSI単体で売買のタイミングを

図るのではなく、他のテクニカル分析と

併用して使う必要があります。



RSIは相場が保ち合いとなっている時に

効力を発揮します

FXでレジスタンス サポートとは?

「レジスタンスライン=上値抵抗線」「サポートライン=下値支持線」も、トレンドラインと同じく投資判断に役立つラインです。レジスタンスラインとは...