×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」モニター全員が勝った 加藤正一 評判 評価TOP > FXでMACDとは? > FXで移動平均線とは?

FXで移動平均線とは?について

 
移動平均線とは、文字通り平均値を表します。
ある期間の終値を平均した移動平均の線を
結んだものです。

ろうそく足や移動平均線などは、
トレンド系指標に分類されます。

移動平均線を用いると、
相場の値動きがなだらかな線になり、
この線から相場のトレンドを読むことが出来ます。


移動平均線を使うメリットとしては
「相場の方向がわかりやすい」
「支持線や抵抗線がわりになる」
「売買のタイミングを図りやすい」
という点が挙げられます。


移動平均線は、「終値を平均する」期間を
様々に変化させることができます。

5日、10日、25日、30日など、
利用者が自分の得たい情報を得るために、
設定を自由に変更できます。



移動平均線を使うと
「レートが移動平均線から大きく離れたら、
反動で再び移動平均線のほうへ戻ってくる
可能性が高い」というように、
「売り時、買い時」の判断がしやすくなります。


また、ろうそく足も便利なチャートですが、
細かい値動きがあった場合には、
移動平均線のほうが「相場のトレンド」を
素直に表現してくれるといえます。



他の指標を利用する際の基準として
用いられることも多いです。






 

FXでMACDとは?記事一覧

FXで移動平均線とは?

移動平均線とは、文字通り平均値を表します。ある期間の終値を平均した移動平均の線を結んだものです。ろうそく足や移動平均線などは、トレンド系指標に分類されます。...

FXでボリンジャーバンドとは?

FXで使われるテクニカル指標の一つにボリンジャーバンド(Bollinger Bands)があります。ボリンジャーバンドとは、統計学をもとにして標準偏差を超え...