×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」モニター全員が勝った 加藤正一 評判 評価TOP > FXでMACDとは? > FXでボリンジャーバンドとは?

FXでボリンジャーバンドとは?について

 

FXで使われるテクニカル指標の一つに
ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)があります。



ボリンジャーバンドとは、統計学をもとにして
標準偏差を超える場合の確率という考え方を
利用してトレンド転換を予測する指標として
主に利用されています。



ジョン・A・ボリンジャー氏によって
考案されたことから、ボリンジャーバンドの
名前がついています。



ボリンジャー・バンドは、標準偏差を利用して、
“売られ過ぎ”や“買われ過ぎ”を示唆する
テクニカル指標です。



ボリンジャーバンドは、3つの線で表わされ、
移動平均線を挟んで上下にそれぞれ標準偏差を
反映させた線を描きます。



標準偏差の線がローソク足と移動平均線を
囲むような形になっているため「バンド」と
呼んでいます。



標準偏差は「平均からどれだけ離れているか」
を表す指標で、「移動平均線からどれくらい
離れているか」を表すラインになります。



また、このときの移動平均線には25日移動平均線が
使うことが多いです。



為替レート値の分布が正規分布を描く仮定のもと
「±1σの範囲内に収まる割合は約68%」
「±2σに収まる割合は約95%」になります。



為替レートはこのボリンジャーバンドの+2σと
−2σの間にほとんどが収まると考えられています
ので「+2σを超えれば買われすぎ」
「−2σを下回れば売られすぎ」と判断する、
という方法で利用します。






 

FXでMACDとは?記事一覧

FXで移動平均線とは?

移動平均線とは、文字通り平均値を表します。ある期間の終値を平均した移動平均の線を結んだものです。ろうそく足や移動平均線などは、トレンド系指標に分類されます。...

FXでボリンジャーバンドとは?

FXで使われるテクニカル指標の一つにボリンジャーバンド(Bollinger Bands)があります。ボリンジャーバンドとは、統計学をもとにして標準偏差を超え...